2009年03月25日

【製作】カービングミドルウォレット その3 形が見えてきました

現在製作中のミドルウォレット。
本日は、仕立てを行い全体の形が見えてきました。
多分、絶対、世界にひとつ、オンリーワンのミドルウォレットだと思います。

0325-01.jpg

0325-02.jpg

0325-03.jpg

後は、レースで編みこみをしていきます。


>にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ


クリックしてもらえると、励みになります


0303121212.jpg
posted by しげ蔵 at 00:20| Comment(0) | 製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

【製作】カービングミドルウォレット製作 その2

現在、製作中のハーフウォレット。
内装がちょっと気に入らないので、作り直しました。
カードスロットの部分のコバがいまいち形成が・・・
といっても、多分、普通に言わなければわからないレベルのような・・・
なので、ついでに、サイズがあるので、カードスロットを一枚追加。
予定では、明日には、ある程度の形になると思います。

03224-10.jpg

0324-11.jpg


0324-12.jpg


やはり、曲線の型紙は、CADのものです。
コンパス・定規などを駆使して作るより、格段早くって、きれいに曲線がでます。

>にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ


クリックしてもらえると、励みになります


0303121212.jpg


posted by しげ蔵 at 00:58| Comment(0) | 製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

【製作】カービングミドルウォレット

今回の製作はカービングを施したミドルウォレット。
今年の流行は蝶らしいので、フレイムスパターンの蝶を表にあしらって
みました。
カービングといえば、シェリダンスタイルが有名ですが、あまりないような感じのデザイン。
少し、変わった雰囲気で、目立つと思います。


IMG_4966.jpg


0322-01.jpg

0322-02.jpg

0322-03.jpg



>にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ


クリックしてもらえると、励みになります


0303121212.jpg
posted by しげ蔵 at 00:06| Comment(2) | 製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

【完成】スカルzippoケース

今回の作品は、サドルレザーのナチュラルのzippoケース。
ご依頼いただいた方は、タバコが似合う、一見こわもての方。
もちろんハーレー乗り。
話すと気さくな方で、見た目とのギャップもまた楽しい。
デザインはすべてお任せと言うことで、zippoケースとキーフォルダ
の2Wayタイプを製作。
ホックは、ワンポイントでスカルをチョイス。
ハーレー=スカル?
この組み合わせはいつからできたんだろう?
気に入ってもらえるといいんですが。


0318-01.jpg

0318-02.jpg

0318-03.jpg

0318-04.jpg

0318-05.jpg

0318-06.jpg

0318-08.jpg

0318-09.jpg

0318-10.jpg


>にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ


クリックしてもらえると、励みになります


0303121212.jpg
posted by しげ蔵 at 00:51| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

【完成】お仕事用ウエストバック

フォーマルな服を着てお仕事をするときの道具入れ。
結婚式の新婦のお世話をする方。変わりやすく言えば、美容師さんのシーザーケースみたいなものになります。
サイズと形は、指定いただき、デザインも仕事用で、スーツにあわせて
使うので、極力、目立たないように、ステッチも黒の同色をチョイス。
中には、ハンカチ、針山、ヘアピンを入れるようなので、2ポケットタイプ。
マチは、外2cm、中3cmとしました。
普段でも、2つ折財布、タバコ、ケータイはすっぽり収まるサイズです。
縦横のサイズは、はがき大。
大きすぎず、小さすぎず丁度いいサイズだと思います。
ご依頼いただいたイメージどおりになってるといいのですが。


0314-01.jpg


0314-02.jpg


0314-03.jpg


0314-04.jpg


0314-05.jpg


0314-06.jpg


>にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ


クリックしてもらえると、励みになります


0303121212.jpg
posted by しげ蔵 at 23:21| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【製作】お仕事用ウエストバック製作 その4

お仕事バックの製作その4です。
今日は、周りを縫っていきます。

0312-30.jpg

0312-31.jpg

0312-32.jpg

0312-33.jpg


>にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ


クリックしてもらえると、励みになります


0303121212.jpg
posted by しげ蔵 at 01:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

【製作】お仕事用ウエストバック製作 その3

ウエストバックの製作3回目です。
今日は、ほぼ、カバンの形がわかるところまで製作が完了しました。

0311-01.jpg

0311-02.jpg

中は、幅の違う2ポケットタイプです。


0311-03.jpg

縫い終わったあと、切り目本仕上げで処理をします。
1時間強、コバの処理を永遠としていました。

0311-04.jpg

ほぼコバが完成。

0311-05.jpg


あとは、ふたと、裏のパネルとドッキング。

0311-06.jpg

出来上がり後は、マチを折りたたんでいきます。



>にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ


クリックしてもらえると、励みになります


0303121212.jpg
posted by しげ蔵 at 00:44| Comment(0) | 製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

【製作】お仕事用ウエストバック その2

今日は、仕立てに入っていきます。

0310-01.jpg

金具もサイズがいろいろありますね。

革のサイズにより、同じ形でも使い分けをしていきます。


0310-02.jpg

0310-03.jpg

0310-04.jpg

両面張り合わせをおこなうため、ゴムのりを薄く塗り、半乾きの状態
で張り合わせます。


0310-05.jpg

0310-06.jpg


ステッチンググルーバーで縫っていく溝堀。
糸が溝に入り込むので、擦り切れ防止の役目も果たします。


0310-07.jpg

これで、各平面パーツの完成


0310-10.jpg

0310-09.jpg

マチを取り付けていき、一回目のコバ磨きが完了です。

最終仕上げの段階で、染色、蜜蝋と松脂を交互にコバへ入れていきます


>にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ


クリックしてもらえると、励みになります


0303121212.jpg


posted by しげ蔵 at 01:02| Comment(2) | 製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

【製作】お仕事用のウエストバック

ご依頼いただいた方は、イベントや結婚式の着付けやヘアースタイルなども手がけている会社オーナーの方。
結婚式の花嫁さん。
結婚式の主人公であり、お祝いに駆けつけた方に、最高の輝きを披露する
場でもあります。
そんな主人公をサポートする脇役。
着付けのズレ。髪の手直しをする道具を入れるバックのご注文をいただきました。
針山。ヘアピンなどを入れるお仕事用のウエストバック。
ベルトに取り付けて使うタイプで、ある程度、デザインを書かれていたので、少し、アレンジでいて製作開始です。

0309-05.jpg

パーツは、バックなので、少し少なめです。

0309-06.jpg

0309-07.jpg

他の依頼いただいているものと、平行して製作していたので、写真を

撮るのを忘れていたので、少し少なめです。



ホームページで、コラム「革の日々」を書き始めました。

よかったら、こちらも、覗いて見てください。


ホームページは、下のバナーからお入りください。


ブログランキングへ参加しております。

是非、応援クリックお願いします。

>にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ


クリックしてもらえると、励みになります


0303121212.jpg




posted by しげ蔵 at 00:34| Comment(0) | 製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

革の染色

昨日の記事で、染色について、少し欠かさせていただきましたが、レザークラフトをはじめて、製作に少し慣れてくると、染色にも是非、チャレンジしてもらいたいです。
今日は、染色について少し書かせてもらいます。
レザークラフトをされていると、ご存知だとは思いますが、水性の染料と
油性の染料が大きく分けてあると思います。
私は、調合をするので、アルコール染料を基本に使っています。

よく目にするものとしては、こんなのがあります。

0305-01.jpg

水性染料とアルコール染料。

どちらも同じタイプですが、アルコール染料の方が、渇きが早く、勝負が早いので、私は、よく使ってます。


0305-02.jpg

次に顔料系染料

これは、染色するときに、革を湿らせて、縫ったあと、すばやく布で拭き取りをして染めていきます。

これをしないと、ペンキを塗ったみたいな革に仕上がってしまいます。

0305-04.jpg

最後に、アクリル染料

これも、顔料の一種。
わかりやすくいうと、絵の具ですね。
市販されている絵の具を代用することもできます。

塗り方は、顔料と同じ方法です。


私は、アルコール染料を使っているといいましたが、粉の粉末を調合して、いろんな色を出しています。

0305-05.jpg

これが、調合して染色したものです。

ピンク系も、微妙な色の違いを出すことができます。


次に、染色をする革ですが、皮の種類で、同じ色でも、乾くと微妙に
色彩が革ってきます。

0305-06.jpg

真ん中が、漂白された白い革。右がサドルレザー、左が、ナチュラル職のヌメ革です。
染色する革でも、微妙な色合いの違いが出てきます。

最後に、塗り方ですが、ムラを少なくするためには、幅の広い刷毛を
使い、数回に分けて染色していきます。

淡い色は、回数を少なくすると、ムラがでて、多くすると濃くなるので、なかなか出しにくい色とされています。


最後に、わざとムラを出して、味があるように染めたものです。

0305-07.jpg

これは、下地を一度染めた後、幅の細い筆で染めていったものです。
こうすると、必ず、ムラになります。
色合いの濃淡で微妙な柄を書くこともできます。


最後に、青系の染色はご注意ください。
青は、レザーバインダーなどで色止めをしても、必ず、色移りをしてしまいます。
カバンなど、服とすれる恐れのあるものは、なるべく避けたほうが懸命だと思います。


CIMG3514.JPG

是非、少し慣れてきたら、染色にもチャレンジして見られると面白いと思います。


是非、応援クリックお願いします。

>にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ


クリックしてもらえると、励みになります


0303121212.jpg


色物の小物で、ほしいものが見当たらない場合は、是非、ご相談ください。




タグ:染色
posted by しげ蔵 at 01:24| Comment(2) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

ピンクの革と強靭なコバ

革をピンクに染める。
それも淡いピンク色。
染料では、色を出しにくい。一説では出すことが不可能という方もいるやら、いないやら。
確かに、色むらを出さずに淡い色で革を染めるのは非常に難しいと思います。

革を染める方法として、顔料と染料があります。
顔料とは、着色に用いる粉末で水や油に不溶のものの総称で、わかりやすく言えば、ペンキみたいなものです。
もうひとつは、染料ですが、水や油に溶けるものの総称になります。

顔料は、革の上に皮膜を作るようなイメージなので、元の色がしっかりしていれば、淡いものも出しやすいんですが、染料は、浸透性が高く、
重ね塗りをして色むらをなくす染め方をするので、色が濃くなってきます。

したがって、染料でピンク色を出すのは、手染めでは、非常に難しいく、オーダーでお願いすると、断られるお店もあると思います。

以前、私も、他のお店で断られた人に相談されたことがありましたが、
そのときは、どうしても希望のピンクを出すことが出来ず、悔しい思いをしました。

それから、染めの研究をかなりして、染料でピンクを出す方法を私なりに編み出しました。

ピンクの原料はないので、調合をしていくんですが、普通は、赤に白を
混ぜるとピンクになりますが、革の下地がるため、コレでは希望の色になりません。

実は、へ?こと色とこの色を混ぜると出るの?って色を配合します。

配合した染料で、染めた革がコレになります。

0304-02.jpg

しっかりピンク色になってると思います。

ただ、この配合は、スミマセンが、ブログではお教えできません。
私もピンクは今までの課題で、かなり試作でお金と時間をかけたので。

さて、このピンクの革を使って、ベルトループキーフォルダーを製作
いたしました。

0304-03.jpg


0304-04.jpg

デザインはオーソドックスなキーフォルダーですが、割と、この小物は酷使されやすいパーツです。

コバは特に、バイカーグッズでは、強靭でないと、すぐに毛羽立ちが発生します。
外国産のものなどは、切り目のまま、薬品を使って、光沢を出しているものもありますが、手間を惜しんで、稼動効率を上げるために、している作業でもあります。
なので、商品を見られる場合は、コバの出来が、ある意味、そのクラフターが、どこまでこだわってるか、スキルがあるか、判断できる部分だと、私は思います。

私の処理は、切り目(コバ)に熱をあたえて、革の浸透圧を利用して、強靭はコバを形成していきます。

0604-05.jpg

後はふのりと紙やすりでツルツルになるまで、コバを磨いていきます。

最後に、

0304-06.jpg

蜜蝋をコバに浸透させ、乾いた布で、こすって光沢あるコバに仕上げていきます。

こうすることにより、爪を立てても、傷がつかないコバに仕上がります。

バイカーズグッズは、かなり酷使されるため、長く使っていただくためには、バイクに乗っている私としても、ここは、こだわらないといけないところだと思っています。

長々と書きましたが、コバが綺麗に出来ない方は、試されてみるのも、
いい勉強になると思います。

コバを綺麗に仕上げるのは、根気と気力ですが・・・・・



是非、応援クリックお願いします。

>にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ


クリックしてもらえると、励みになります


0303121212.jpg
posted by しげ蔵 at 02:10| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

【完成】ダブルステッチハーフウォレット

黒のサドルレザーをダブルステッチで編みこんだハーフウォレットです。
ビジネスシーンをイメージして、裏張りにアメ豚の革を使用しています。
on、off両方のシーンを想定しイメージし、若干、小ぶりにしています。スーツの胸ポケットから取り出しやすい二つ折。
今回も、出来る限り、革を薄く漉き、仕立てましたが、伸びを考えると、
1mm弱が限界ののような。
中に合皮や布を入れて、よく売っている既製品のようにすれば、薄く且つ
強度を確保することができますが、やはり、すべて革のウォレット。
ここは、今後も、大きな課題になりそうです。

0301-01.jpg


0301-02.jpg


0301-03.jpg


0301-04.jpg

小銭を沢山入れざるを得ないときにふたが閉めにくいのを防ぐため、
ホックを2つ取り付けています。
が、やはり二つ折をスマートに持つには、小銭は貯金箱。
カードは、必要最低限。
コレに限ります。

0301-05.jpg

0301-06.jpg


応援クリックお願いします。

>にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ


クリックしてもらえると、励みになります


0303121212.jpg

posted by しげ蔵 at 23:05| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春の足音

気分転換に、マイナスイオンを浴びに行ってきました。
まだ、肌寒い山間部。
当分、続いた悪天候、冬に降った雪で、かなり荒れ果てたキャンプ場
お世辞にも綺麗とはいえませんが、澄んだ水、澄んだ空気。
体いっぱいにマイナスイオンを浴びてリフレッシュ完了。

0301-08.jpg

0301-30.jpg


0301-31.jpg

調理場へ続く急な階段。

どれだけの人が、ここを上り下りしたんだろう?


0301-32.jpg

0301-33.jpg

愛用のロングウォレット

いい具合に馴染んできてます。


0301-11.jpg

春の足音が聞こえてきます。


マイナスイオンをしっかり浴びて、又、作業机に向います。

0301-35.jpg


応援クリックお願いします。

>にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ


クリックしてもらえると、励みになります


0303121212.jpg


本日より、ホームページを開設しました。

お時間ありましたら、遊びにきてください。



posted by しげ蔵 at 16:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
22222222222.gif