この記事へのコメント
おはようございます!

新しいブログ開設おめでとうございます!
写真よりしげさんの目線を感じる事が出来ます。

「印象を焼き付ける写真って」
これは定説でもあると思いますが幾つか
私の知っているポイントを紹介します。

1「ハイライトを絞る」写真の中で一番明るい部分。
例えば「カゴの中のネコ」の写真。
ハイライトはネコの目、耳、に絞るとネコの印象が
ぐっと際立ちます。カゴ自体のハイライトも協調されていてのっぺりとした感じがします。
ここでは工夫をしてどうにかネコの目、耳にハイライトを絞り込むと良いと思います。具体的にはネコのバック部分の格子がハイライトにならないようにすれば
奥行きがでそうです。もう一点は黒い被写体を写す時は「露出」を下げると黒がビシっと絞まりますよ!
露出はカメラ設定で出きるはずです、カメラの機能を
確認してみてください。上の写真は逆に若干露出を上げれば犬がもう少しくっきりと前に出てくると思いますよ。
写真はカメラの機能とレンズの性能を熟知すればかなりの部分で効果が現れます。
「露出」全体のトーン
「絞り」背景のボケの調整
「ISO感度」細微な光量を捕らえ繊細な印象を捉える
この3点は研究、実験を繰り返し掘り下げてみてください!今後の基本となるはずです!
えらそうに書きましたが私も勉強中。
お互いに良い写真を残せるよう頑張りましょうね!
Posted by けんご at 2008年08月26日 09:44
けんごさん
こんばんは〜。

いろいろアドバイスありがとうございます。
レザークラフトといい、写真といい、影響されるところ沢山ですね。

なるほど、早速してみます。
写真が変わってくるといいんですけどね。
コレも、勉強です。
ほんと、ケンゴさんに、いろいろ影響を受けてますよ〜。
私も、勉強がんばりますね♪
Posted by しげ蔵 at 2008年08月26日 23:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

22222222222.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。