2008年09月24日

ファイヤーパターンヒップバックを製作中

【このヒップバックを製作するにあたって】

以前、依頼をいただいたヒップバック。
サイズは、縦23cm、横15cm、マチは6cm
できばえは、完璧だったんですが、ベルトにかけると、どう見ても大きすぎ。
このサイズは、本に載っているのを見て、同じようなサイズとデザインで、という事で、製作。

作る前に、このサイズは大きいのではないかと、少し不安ながらの製作をおこなったが、出来上がって見ると、見た目もさることながら、腰にぶら下げると、かなり自己主張の強すぎるヒップバックとなってしまった。

本来は、依頼いただいたものをそのまま作ったので、渡してしまえば、いいのだが、私が個人的に納得がいかないので、無理を言って、作り変えさせてもらうことに。
デザインは、お任せで。
ただし、ひとつだけ、オーダーをもらったのが、ファイアーを入れて欲しということ。
少し、悩んだ末に、デザインを起こし、製作を開始することに。

0925-01.JPG

型紙を製作後、革の切り出しを行う。

0925-02.JPG

ファイアーの部分は、フレアをイメージして、アウトレイにすることに

0925-03.JPG

0925-04.JPG

0925-05.JPG

停め具は、磁石ホックを使うことに。
最近の磁石ホックは優れており、超薄型なのに、従来の磁石ホックより
数段に強力になっている。
バイクに乗って使うので、この機構が料金所なのでの、ウォレット、ハイウェイチケットも片手で取り出しやすいので、いつも利用している。
コレも、私自信バイクに乗っている経験から、コレを採用しだした。

0925-06.JPG

0925-07.JPG

裏張りもしっかり行い、凹凸が極力出ないように、処理をした後に、表の革と貼りあわせを行う。

0925-08.JPG

貼りあわせを行うと、パーツが5つに集約される。
後は、バックの形に、成型をおこなっていくだけ。

0925-09.JPG

縫った糸を沈みこませるため、ステチンググルーパーで、溝を掘っていく。
バイカーはハードに使うことが多いので、糸のほつれ、切れを防いでくれる役割もある。

0925-10.JPG

袋の部分は2段にして、内容物が整理できるようにした。

0925-11.JPG

0925-12.JPG

イメージどおりに出来上がってきた。
あとは、淵を縫っていき、コバの処理を行えば、ヒップバックが完成。


>にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ

応援クリックお願いします。






ラベル:ヒップバック
posted by しげ蔵 at 00:29| Comment(2) | 製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カッコいいです(^^)

作り直してもらうのが申し訳ない気持ちでしたが、作り直してもらってよかったです。

実物を手にするのが楽しみです!
Posted by すなお at 2008年09月24日 22:34
マヂでカッコいいっす(^^)

Posted by すなお at 2008年09月24日 22:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

22222222222.gif