2014年05月15日

ベストの仕立ての下準備は大切です。

本日は、ちょっと作業風景をご紹介。
革ベストのフチをきれいに仕上げるために、縁返しの準備で、革を漉いています。

基本、手仕事でする場合は、革包丁で漉いていくんですが、こと、ベストとなると、手で漉いていたら、いくら時間があってもたりません。
縁をきれいに仕立てることで、全体の仕上がりがかなり左右されるので、ここは、手を抜くことができない箇所でもあります。

ということで、出番となるのが、革漉き機なる機械の登場です。

IMG_1764.jpg

今、使っているのは、かなり骨董品のような年期の入ったものですが、しっかりメンテをしているので、現役バリバリです。

IMG_1766.jpg

IMG_1765.jpg

このように、きれいに漉くことができます。

ベストの縁の漉きなので、コチラも漉きカスがたくさん。

IMG_1767.jpg

ベストの裁断ときのハギレと合わせれば、結構な革の残骸がでます。

IMG_1769.jpg

が、ハギレと違って、漉いた後の革はというと、ゴミ箱いきになってしまいます。

と、ちょっとした、小ねたでした。

【ホームページ】
22222222222.gif

ホームページもよろしくお願いします。
posted by しげ蔵 at 23:52| Comment(0) | 製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
22222222222.gif